JCI会頭(の娘による)ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ジンバブエ到着!

今度行く国はどんなお国かな~、っと
いつものようにふんふんふん~♪となにげなく
ウィキペディアでジンバブエ情報をみてみたら、
「世界最悪の独裁国家」との見出しではじまる国でした。
キャー!

ジンバブエ (0)

↑世界最悪ということは北の独裁者以上(以下?)
ということです。どきどきです。
日暮さんは入関で「ナガオ・ヒグラシ」にされてました。

ママもカリブのキュラソーからの帰り、
チェックインすると、何度やっても搭乗券の
名前が「トシ・マルセロ」とでてましたっけね。
よくあることなんですね!こういうの。

ジンバブエ (1)

↑NOM事業で、首都ハラレ郊外の孤児院を訪問しました。

3年前に経済が崩壊、ジンバブエドルの価値がみるみる下がり、
インフレ率は2億パーセントを突破。
100億単位のデノミはするは、1000兆ドル札を
発行するはで大混乱におちいり、銀行に預けていた
預金は価値がなくなり、それどころか食料が極端に不足、
多くの市民が亡くなるということがおこりました。
孤児もたくさん生まれることになりました。
世界最悪といわれる所以です。

場当たりの政策を続けるとこんなことまで起こるのです。
ああ恐ろしいことです。
極東の島国(わがくに!)には前轍を
踏まないように心から願います。
サワコも、願います!

ジンバブエ (2)

↑さやかながらもJCとして
目の前の問題に取り組んでいます。

ジンバブエ (3)

↑米国大使と会談しました。
米国大使館のスポンサーで、ジンバブエJCは
孤児の子供たち向けに教育事業を行っています。
因みに2年前から、ジンバブエ政府は米ドルの国内流通を公認。
公務員の給料も米ドルで支払われています。
おかげで現在のインフレ率はアフリカでもっとも
低い値におちつきました。
しかしこれは、ジンバブエドルの価値が文字通り
無に帰した結果、誰も使わなくなったと
いうことなのです。

ジンバブエ (4)

↑メンバー向けの講演です。
日本JCも敗戦から国を再興するためにできて、
60年かけていまの繁栄を築くことができたのだから、
みんなも頑張ろう!と話しました。

ジンバブエ (5)

↑本日のランチ♪
難易度最高級です。
スポンサーサイト


  1. 2011/09/12(月) 23:32:41|
  2. 未分類

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。